鹿児島県天文協会

鹿児島県天文協会の活動連絡と報告のためのブログです。

<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

2017.06.01 Thursday

H2Aロケット34号機打ち上げ

6月1日午前9時17分,種子島宇宙センターから準天頂衛星・みちびき2号を載せたH2Aロケット34号機が打ち上げられました。
打ち上げ時の鹿児島県本土は曇り空。打ち上げ時に屋上で見ていたのですが,ロケットの姿を見ることはできませんでした。

170601H2Aロケット34号打ち上げ時の空


2017.05.30 Tuesday

噴煙たなびく桜島と北斗七星

karanさん提供:
-------------------------
最近桜島の活動が活発になっているので、夜の噴火と星空のコラボ写真が撮影出来ないかと思い道の駅たるみずに行って来ました。
現場に午後7時30分に到着。桜島を見ると噴煙を上げ続けていました。
今までの経験上、噴煙を上げ続けている時は、爆発的な噴火は無いなと感じながら機材をセット。
この道の駅たるみずは、ひと晩中街灯が点いているのかな?と思っていたのですが、足湯と反対方向にある公園は、午後11時には街灯が全て消えるので、噴火を待ちながら夏の天の川を肉眼で楽しみました。
また、テント型の屋根の下にベンチとテーブルもあるので、長時間桜島の噴火を待ち続けるには、女性にも安心して利用出来る施設だと感じました。
結局朝まで噴火する事が無かったのですが、桜島と北斗七星を撮影したので送ります。
いつの日か火山雷と星景写真を撮影してみたいものです。

 

170530噴煙たなびく桜島と北斗七星(karan)

 噴煙たなびく桜島と北斗七星
撮影年月日時刻:2017年5月30日 01h30m〜01h40m
カメラ:キヤノンEOS6D
レンズ:キヤノンEF17−35mm F2.8L
シャッター:60秒 絞り:4.0 感度:640
ホワイトバランス:白熱電球
kikuchi magickで10枚を比較明合成
撮影地:垂水市牛根道の駅たるみず

 


2017.05.28 Sunday

ジョンソン彗星,球状星団M13

morinagaさん提供:
----------------------------
吹上で撮影したジョンソン彗星と球状星団M13です。
400个砲茲襯ートガイドのテストを兼ねています。
彗星は感度3200の120秒露出の彗星核3枚コンポジット。
薄雲の影響がにじんでいます。
M13は感度800 120秒一枚撮り。400个任發修譴覆蠅梁腓さに写ります。
拡大すると天文台でみた眼視のイメージのようでした。

 

170528ジョンソン彗星s(morinaga)

 

170528-M13s(morinaga)


2017.05.28 Sunday

コリノ天文台で見た月齢1.6の月と国際宇宙ステーション

5月27日(土),南さつま市コリノ天文台で「球状星団と木星を見よう」星空観察会がありました。

晴天に恵まれて,40cm望遠鏡で木星やヘルクレス座のM13球状星団が見えました。また肉眼でも,かみのけ座などの暗い星座を確認でき,春の星座を堪能しました。

 

maedaさん提供:

------------------------

西の空に細い月が見えていました。

170527二日月_2985(maeda)

 

170527コリノ天文台と二日月(maeda)

 

 20時すぎには,国際宇宙ステーション(ISS)が西から北西そして北の空へ通り過ぎていく様子が見えました。初めて国際宇宙ステーションを見る参加者もいて,大喜びでした。

 

morinagaさん提供:

--------------------------------

170527ISS(morinaga)

5月27日 20時9分〜11分 5秒露出 感度200 比較明コンポジット
キャノンEOS80D 24mm f2.8 → 5.6
撮影場所 南さつま市 吹上浜砂の祭典会場
左端がコリノ天文台,右端が展望台

 


2017.05.24 Wednesday

明け方のISS(国際宇宙ステーション)と月,そして金星

fuchigamiさん提供:
----------------------
昨日のことになりましたが、03時48分過ぎのISSを撮影しようと東の空を見ると金星が昇って来ていてその下に何やら明るい星が……?、ハテ何だっけ???暫らくすると細〜い月の上辺が明るい星に見えたのでした。!
でも、本日のISSは北東方向で見えなくなる予報で金星・月のコラボは無理だなあ!と見え出したISSを撮影していると、「アレッ、北東方向を過ぎてもまだ見えている。!!しまった、JAXAの可視予報では高度で可視範囲を切るパターンだ。」(太陽光が当たらなくなって見えなくなるのと仰角高度で可視時間を切るパターンの2種があります。)
と言うことで低空まで澄んでいたようで予報より2分近く長く見えており、金星と月まで入りました。

170523ISS D200-3(fuchi)
2017年5月23日 04時34分20秒〜 35mm、F値4.5、露出2.5秒、ISO感度400

 

170523ISS D200-4(fuchi)

2017年5月23日 04時35分08秒〜 105mm、F値5.6、露出2.0秒、ISO感度400

 

170523月・金星 004(fuchi)

2017年5月23日 04時37分20秒〜 42mm、F値4.8、露出1.3秒、ISO感度400

ISSデータはJAXAHPでご参照ください!

 

170523月・金星 006(fuchi)

 

170523月・金星 011(fuchi)


▲top