鹿児島県天文協会

鹿児島県天文協会の活動連絡と報告のためのブログです。

<< June 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

<< 4月24日のパンスターズとアトラス両彗星の様子 | TOP | いつもの撮影場所で南十字γ星の軌跡を撮れました。 >>

2020.04.26 Sunday

冬のダイヤモンドと金星

maedaさん提供:

-----------------------------

 新型コロナウイルス感染防止のために、自宅で星空を楽しんでいます。

 夕方の西空には冬の星座がまだ見えていて、その中に最大光輝を迎えた金星が輝いています。

 金星の輝きが屋根の太陽光発電パネルに反射しています。

 

 「冬のダイヤモンド」は、冬の星空に見える一等星を繋いだ八角形です。

 右上から時計回りに、カペラ(ぎょしゃ座)−アルデバラン(おうし座)−リゲル(オリオン座)−シリウス(おおいぬ座)−プロキオン(こいぬ座)−ポルックス(ふたご座)

 冬のダイヤモンドの中心にあるベテルギウス(オリオン座)は、この冬、1.5等級まで暗くなり話題になりましたが、すっかり元の明るさに戻っています。

 

200424冬のダイヤモンドDSC00067(maeda)

撮影データ: 2020年4月24日 19:57 露出30秒

  ソニーα7RII 20mmF4 ISO1600

撮影地: 鹿児島市北部

 


コメント

コメントする









▲top