鹿児島県天文協会

鹿児島県天文協会の活動連絡と報告のためのブログです。

<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

<< 八重山高原星物語2019は中止でしたが | TOP | 9月14日(土) 観月会のお知らせ >>

2019.08.15 Thursday

月明かりの中でも見えたペルセウス座流星群

今年のペルセウス座流星群は極大が8月13日16時ということで,12日と13日の深夜から明け方にかけての活動が期待できました。

しかし8月15日が満月で、両日とも月夜のために観測条件は「最悪」。それでも星月夜の空に流れ星が見えました。

 

撮影した8月11日深夜は,月齢12の月が輝いていました。東シナ海に台風9号,小笠原沖に台風10号があって雲も多い天気でしたが,雲間に流れるペルセウス座流星群を撮影することができました。

 

DSC_7315Sc

撮影データ 2019年8月12日 1:32 30秒露出

 

午前2時半ごろに月が沈むと,雲は多いものの美しい星空が広がってきました。

DSC_7459Sc

撮影データ: 2019年8月12日 2:50 30秒露出

Nikon D810A 14mmF4 ISO3200

撮影地: 鹿児島市北部

 

翌8月12日深夜は雲が多く,ほとんど星空は見えませんでした。ただ,明け方にはオリオン座やふたご座など冬の星座がきれいに見えました。

DSC_7114c

撮影データ: 2019年8月13日 4:50 4秒露出

撮影地: 鹿児島市北部

 


コメント

コメントする









この記事のトラックバックURL

http://blog.ktk.main.jp/trackback/896825

トラックバック

▲top