鹿児島県天文協会

鹿児島県天文協会の活動連絡と報告のためのブログです。

<< May 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< 11月30日未明のISSとプログレス補給船P53 | TOP | 12月7日早朝のラブジョイ彗星と雲海 >>

2013.12.05 Thursday

12月5日 夕空に金星と月がランデブー

12月5日の夕刻,西の空に輝く金星と細い月がとてもきれいに見えました。
131205金星と月(maeda)
金星は12月7日に最大光度を迎えマイナス4.7等級の明るさ,そして月は月齢2.1で普通の三日月よりも細い形でした。
明日(12月6日)は,月が金星の上に並びます。

このような夕空での金星と月のランデブー,来月は1月2日夕方に接近しますが,金星は太陽に急速に近づき月も月齢0.7で地平線近くなので,今月ほど注目は浴びないと思われます。
金星が次に夕方の空に顔を見せるのは再来年のこと(東方最大離角は2014年6月6日)。次の夕空での条件の良い月と金星のランデブーは,再来年(2015年)1月22日になります。

コメント

コメントする









この記事のトラックバックURL

http://blog.ktk.main.jp/trackback/896392

トラックバック

▲top