鹿児島県天文協会

鹿児島県天文協会の活動連絡と報告のためのブログです。

<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

2019.10.08 Tuesday

星まつり「星宴2019」に参加

 今年の天文施設の見学会は,九州の天文ファンが一堂に集まって情報交換や新たなつながりの場を作る星まつり『星宴2019』に参加してきました。

星宴2019ポスター

会場は熊本県産山村,阿蘇大観峰から車で20分ほどの高原です。会場には大小様々な望遠鏡が並んでいました。

会場7334

天文協会もmorinagaさんが30冏深曜庄鷆世鯣簣。みんなの注目を集めていました。画面後方に見えているロッジをベースに,会場内を散策です。

会場7347

 

雲が多く半月もある天気でしたが,雲間から見える星空はとてもきれいでした。

星空00019b

いろんな望遠鏡を覗かせてもらい,一晩中楽しむことができました。

集合写真7367

遠方での見学会でしたが,会員それぞれに楽しむことができました。

 


2019.08.11 Sunday

八重山高原星物語2019は中止でしたが

8月10日(土)に予定されていた八重山星物語2019は,強風のため中止となりました。

中止看板

しかし会場に行ってみると、人が結構いました。

入来VERA

理科教室の子どもたちと中止を知らずに来場した方のために、大学の方々が望遠鏡見学ツアーを行ってくださいました。

見学ツアー

そしてJAXAの藤田所長さんも、せっかく来たのでと講演してくださいました。

講演

強風の中でしたが、来られた方は満足していたようです。

移動販売車


2019.05.04 Saturday

一番星は見えなかったけど・・・砂の祭典観望会

5月4日(土),吹上浜砂の祭典会場で「一番星を探そう 星空観察会」を行いました。

 

コリノ天文台

集合場所は会場入口近くの「コリノ天文台」。天文協会ののぼり旗も掲げていただきました。

太陽の観察

明るいうちは,コリノ天文台で昼間の金星や太陽面の観察。黒点は残念ながら見えませんでした。

展望台

17時過ぎに会場内の展望台で観望会の準備。

ドブソニアン

空は次第に雲が厚くなってきました。星は見えないかもしれない・・・不安になってきました。

観望準備

暗くなってきました。一番星は見えません。

花火

砂の祭典名物の「音と光のファンタジー」。観望会を行っていた展望台からきれいに見えました。

今年は一番星を見ることはできませんでしたが,たくさんの方が一緒に空を見上げてくださいました。

 


2019.02.10 Sunday

カノープス観望会

2月9日(土),鹿児島市北部の八重山公園でカノープス観望会を行いました。

夕方までどんよりとした曇り空でしたが,日没後から急に晴れ間が広がってきました。

 

19時前,近畿地方上空を通過する国際宇宙ステーション(ISS)を入来VERA観測所近くで観望。

雲の合間をISSが通るようすを見ることができました。

190209ISS

20時すぎ,三日月のすぐ近くをハッブル宇宙望遠鏡(HST)が通過するということから、全員で

探しました。雲が次々と通過するため目視では分かりませんでしたが、写真ではかすかに写りました。

190209HST

 

そして21時半ごろ、鹿児島市の街並みの上にカノープスが見えてきました。街明りに負けずしっかり見えます。

DSC_6842b

 

せっかくなので、カノープスと一緒に記念写真です。

DSC_6853b

 

夜半には再び曇ってしまい、明け方の南十字ガンマ星や金星・木星は見ることができませんでしたが、充実した観望会でした。


2019.01.15 Tuesday

天文講演会

1月14日(成人の日), 天文協会恒例の「天文講演会」が鹿児島市勤労者福祉センター会議室で行われました。

今回の講師は,鹿児島大学の今井裕先生。恒星が進化の最終段階で見せる一瞬の噴水・間欠泉のお話をしてくださいました。

 

IMG_6072

 

DSC_1685

 

DSC_1688


▲top