鹿児島県天文協会

鹿児島県天文協会の活動連絡と報告のためのブログです。

<< June 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

2019.05.04 Saturday

一番星は見えなかったけど・・・砂の祭典観望会

5月4日(土),吹上浜砂の祭典会場で「一番星を探そう 星空観察会」を行いました。

 

コリノ天文台

集合場所は会場入口近くの「コリノ天文台」。天文協会ののぼり旗も掲げていただきました。

太陽の観察

明るいうちは,コリノ天文台で昼間の金星や太陽面の観察。黒点は残念ながら見えませんでした。

展望台

17時過ぎに会場内の展望台で観望会の準備。

ドブソニアン

空は次第に雲が厚くなってきました。星は見えないかもしれない・・・不安になってきました。

観望準備

暗くなってきました。一番星は見えません。

花火

砂の祭典名物の「音と光のファンタジー」。観望会を行っていた展望台からきれいに見えました。

今年は一番星を見ることはできませんでしたが,たくさんの方が一緒に空を見上げてくださいました。

 


2019.02.10 Sunday

カノープス観望会

2月9日(土),鹿児島市北部の八重山公園でカノープス観望会を行いました。

夕方までどんよりとした曇り空でしたが,日没後から急に晴れ間が広がってきました。

 

19時前,近畿地方上空を通過する国際宇宙ステーション(ISS)を入来VERA観測所近くで観望。

雲の合間をISSが通るようすを見ることができました。

190209ISS

20時すぎ,三日月のすぐ近くをハッブル宇宙望遠鏡(HST)が通過するということから、全員で

探しました。雲が次々と通過するため目視では分かりませんでしたが、写真ではかすかに写りました。

190209HST

 

そして21時半ごろ、鹿児島市の街並みの上にカノープスが見えてきました。街明りに負けずしっかり見えます。

DSC_6842b

 

せっかくなので、カノープスと一緒に記念写真です。

DSC_6853b

 

夜半には再び曇ってしまい、明け方の南十字ガンマ星や金星・木星は見ることができませんでしたが、充実した観望会でした。


2019.01.15 Tuesday

天文講演会

1月14日(成人の日), 天文協会恒例の「天文講演会」が鹿児島市勤労者福祉センター会議室で行われました。

今回の講師は,鹿児島大学の今井裕先生。恒星が進化の最終段階で見せる一瞬の噴水・間欠泉のお話をしてくださいました。

 

IMG_6072

 

DSC_1685

 

DSC_1688


2018.09.23 Sunday

9月22日 観月会&火星観望会

3連休の初日,9月22日(土)18時半から吉野公園で観月会&火星観望会を行いました。

180922十五夜飾り_5760b

これまでも何度か同公園で観月会を行ってきましたが、今年は場所を公園入口に変更。一番目立つ場所での観望会です。

空は雲が多いものの月や火星・土星・木星・金星と主だった天体を見ることができました。特に子どもたちは大きな月に大喜びです。

180922観月会_5763

のんびりと過ごした2時間でした。

180922観月会記念写真_5772


2018.07.29 Sunday

「城山から西郷星を見よう」観望会

7月28日(土),城山展望台から火星(西郷星)を見る観望会を行いました。

天気予報は雨から曇りと絶望的でしたが,城山展望台には会員のほかにも多くの人が訪れました。

西郷星観望会チラシ

明るいうちに撮影した城山展望台からの眺め

180728城山展望台からの眺め

桜島の後ろ側には厚い雲があります。暗くなってくると、、、

桜島の花火

桜島で花火大会が始まりました。たくさん集まった人たちは、花火が目的だったようです。

180728城山

めげずに火星が見えるのを待ちます。

観望会

終了時間ぎりぎりになって,雲の間から土星が見えました。

 

結局、桜島の上に満月と火星を見ることはできませんでしたが、「西郷さんは『西郷星』を見たのか」と議論をしたり、花火を眺めたりと楽しい観望会となりました。

 

 


▲top