鹿児島県天文協会

鹿児島県天文協会の活動連絡と報告のためのブログです。

<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

2015.10.17 Saturday

10月10日 かごしまスペースフェスタ

oouraさん提供:
------------------------
 10月10日かごしま県民交流センターで「かごしまスペースフェスタ」が開催されました。
 「水ロケット体験教室」や「かさ袋ロケット作り」「宇宙服・ブルースーツ試着体験」「パネル展示」など宇宙に関するコーナーが盛りだくさんでした。

 「水ロケット体験教室」では、九州大学の麻生先生の話もあり、参加した子供たちや保護者は興味深く聞いていました。
 水ロケットを飛ばすと道路まで飛んで行きそうになるくらいで、思ったより飛ぶロケットに参加者たちは歓声をあげていました。

 講演会は、イプシロンロケットプロジェクトマネージャー森田先生とJAXA広報部の柳川先生の話がそれぞれあり、森田先生からはイプシロンロケットの優れている点や打上時の話など貴重な話を聞くことができました。


 質疑応答では、将来宇宙飛行士になりたいと思っている子供からの質問など興味深い質問が多くありました。

2015.08.11 Tuesday

夏の天の川と網状星雲

morinagaさん提供:
-------------------------------------------
「網状星雲」
150807網状星雲(morinaga)
撮影データ
キャノンEOS kissx7i 天体用改造カメラ 感度3200
2015年8月7日 23時〜
5分露出の5枚コンポジット
ビクセン70EDSS レデューサ使用F4
網状星雲 420mmでは窮屈な構図でした。
撮影場所 南九州市頴娃 大野岳山頂

150807開聞岳と天の川(morinaga)
「開聞岳と天の川」
ペンタックスK−5 14mmf2.8開放 感度6400 30秒固定撮影

 

2014.04.10 Thursday

4月7日 ふたご座ラムダ星の星食

kuwaharaさん提供:
---------------------
4月7日のふたご座ラムダの食の出現を撮影しました。

夕方からうろこ雲が空を覆い、条件が悪く諦めていましたが、10時にベランダから西の方角をのぞいたら晴れていたので、慌てて機材を取り出して撮影しました。

3等星のため、露出を多くかけています。それでも右下に出現しているにが微かにわかります。ゆっくりと見比べてください。
140407星食1140407星食2


また、この日は月面Xの日でしたが後で知りました。

2014.02.15 Saturday

2月15日 宇宙情報館でKSAT2とGPM計画の紹介イベント

2月15日(土),天文館にある宇宙情報館で,H2Aロケット打上げに関するイベントが行われました。
140215宇宙情報館外観140215宇宙情報館イベント看板
まずはJAXAのスタッフによるサイエンスショー「雲の発生実験と大気圧の実験」
140215宇宙情報館サイエンスショー

鹿児島大学の西尾先生が,超小型衛星KSAT2の紹介
140215西尾先生


JAXAの担当者によるGPM計画の紹介
140215うずまき先生

天文協会の紹介もしてくださいました。
140215ロケット打ち上げ紹介
当日晴れることを期待します。

2014.02.11 Tuesday

地球を護るスペースガード2013(鹿児島)

2月8日(土),鹿児島大学で「地球を護るスペースガード2013(鹿児島)」が開催されました。

会場には中学生を中心に小学生から一般まで集まりました。一人一台ずつPCが使えるようになっていました。
140208講座の様子.jpg

高橋典嗣先生(日本スペースガード協会理事長)から,昨年2月にロシアに落下した隕石のお話。調査の苦労話,同規模の隕石落下が鹿児島で起きた場合の予想などお話されました。
140208高橋先生

九州大学の山岡均先生は,「新天体」にも新星や超新星など遠い天体と,彗星や小惑星など地球に近づく天体があることを紹介されました。
140208山岡先生

鹿児島大学の半田利弘先生は,200億分1のスケールで太陽系の広がりを紹介し,「暗黒星雲」や「暗黒物質」など宇宙のダークサイドについてお話されました。
半田先生

実習では,専用ソフトを使って実際に小惑星を探す体験をしました。本当に「新天体(?)」を発見した参加者(中学生)もいて,みんな熱中していました。
小惑星捜索体験

高橋先生が持ってこられた隕石(ロシア・チェリャビンスク隕石)は触ることができました。
隕石

番外:
講師の半田先生は,アニメ「宇宙戦艦ヤマト2199」の科学監修をされました。そして山岡先生は,間もなく公開されるプラネタリウム番組「銀河鉄道999」の解説をされています。
これから,「宇宙戦艦ヤマト」と「銀河鉄道999」が宇宙を語るスタンダードになりそうです。
(写真は貴重なツーショット)

▲top