鹿児島県天文協会

鹿児島県天文協会の活動連絡と報告のためのブログです。

<< July 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

2017.12.23 Saturday

錦江湾公園6m電波望遠鏡と冬の星空

karanさん提供:
------------------------
 
本年度中に撤去される事が決定した、錦江湾公園の6m電波望遠鏡と冬の星空を
nagamasa先生と撮影に行きました。
当初の予定では、9月末に撮影する予定が、天候や月明かりの影響と私の休みの
都合がなかなか合わず、構想から3ヶ月目にしてようやく撮影出来ました。
途中雲に遮られる時間もありましたが、電波望遠鏡のパラボラの位置とオリオン座が
いい感じで撮影する事が出来ました。
 
 
 電波望遠鏡とオリオン(karan)
 
電波望遠鏡とオリオン座
撮影データー
撮影年月日時刻:2017年12月20日 20h24m
カメラ:キヤノンEOS6D
レンズ:キヤノンEF17-35mm F2.8L(27mmで撮影)
シャッター:15秒 絞り:4.0 感度:2500
ホワイトバランス::4000K
ケンコーソフトンAフィルター
撮影地:鹿児島県鹿児島市錦江湾公園
 
 
 
 電波望遠鏡と冬のダイヤモンド(karan)
 
電波望遠鏡と冬のダイヤモンド
撮影データー
撮影年月日時刻:2017年12月20日 22h34m
カメラ:オリンパスOM−D E−M5
レンズ:サムヤン7.5mm魚眼
シャッター:10秒 絞り:3.5 感度:1600
ホワイトバランス::4000K
※電波望遠鏡が赤いのは、赤色LEDで露光中に照らした為
撮影地:鹿児島県鹿児島市錦江湾公園
 
 
 
 
連続撮影したものをタイムラプス動画にしました。

 


2017.10.09 Monday

雲海の上に昇るしし座・金星・火星

karanさん提供:
--------------------------------------
観月会が終了後、GPVの雲予想を見ると明け方晴れる予報になっていたので
金星と火星の接近の様子を撮影しようとnagamasa先生と湧水町に出掛けました。
3時30分に現地に到着すると雲予想に反して、全天を雲が覆い月も見えない状況。
それでも諦めずに待っていると、5時過ぎには雲の隙間から星が見え始めやがて全天雲がない状況に。
期待していた雲海も見る見るうちに眼下に広がり幻想的な世界が広がりました。
171008雲海の上に昇るしし座・金星・火星(karan)
雲海の上に昇るしし座・金星・火星
撮影年月日時刻:2017年10月9日 05h28m〜05h33m
カメラ:ペンタックスKP
レンズ:smc PENTAX-DA 12-24mmF4 ED AL(12mmで撮影)
シャッター:5秒 絞り:5.0 感度:400
ホワイトバランス:オート
撮影地:鹿児島県姶良郡湧水町魚野フライトエリア
maedaさん提供:
--------------------------------------
10月上旬は,明け方の東の空で金星と火星が接近して見えていました。
最接近は10月8日の未明でしたが,一日後の10月9日明け方も接近して見えていました。
karanさんとほぼ同時刻の空です。
171008金星と火星(maeda)
撮影データ:2017年10月8日 5:39 露出1秒
      Nikon D810A 135mmF4.5 ISO400
撮影地: 鹿児島市北部

2017.09.03 Sunday

北アメリカ星雲

morinagaさん提供:
-----------------------------

日食後,半月を過ぎ月がだいぶ明るくなってきました。
天気も良かったので久しぶりにいつもの場所(千貫平付近)で撮影に出かけました。

オーバーホールに出しているアトラクス赤道儀が手元にないので,9月17日の観察会に向けの調整を兼ねた15傳劭辰任隆冕召慮紊烹釘僉檻祇崙撒靴縫咼セン70EDSSレデューサー280丕藤瓦裡傳硲戞檻気砲茲襯ートガイド撮影をしました。このシステムでステラシヨットを使い5分程度は楽に撮影できます。

月没後の撮影対象は「北アメリカ星雲」です。
空気は秋の大気で乾燥していて夜露がつきませんでしたが,常に薄雲の発生はありました。

 

170901kitaamarikas(morinaga)
9月2日1時53分〜
3分×11枚のコンポジット
eoskissx7i天体用改造カメラ 感度1600


2017.08.18 Friday

北アルプスで見た星空

nakashimaさん提供:

-----------------------------------------

8月の初旬,北アルプスの蝶ヶ岳〜燕岳などを4泊5日かけて縦走しました。

夜は山小屋に宿泊しましたが,明け方の星空がとてもきれいでした。コンパクトデジタルカメラでの撮影ですが,雰囲気が伝わればと思います。

 

山小屋と星空

山荘にかかる「夏の大三角」

 

明けの明星

明けの明星

 

夜明けの雲海

夜明けの雲海

 


2017.06.04 Sunday

光の競演(天空の星と地上の蛍)

karanさん提供:
--------------------------------
星ナビの付録カレンダー(5、6月)の写真に触発され、天空の星と地上の蛍の光の競演が撮影できないかと思い、ホタル舟で有名な、さつま町神子の川内川に出掛けてきました。
狙うは、マジックアワーの空色に、北天の日周運動と地上の蛍の光跡。それが撮影出来る場所が無いかと、ロケハンをした結果、ほとんどが藪の中からしか撮れず、見晴らしの良い場所も道路上で、通行量は少ないものの危険な場所で、途方に暮れ見つけたのが、あびーる館対岸の土手。
目の前にあびーる館があり、街灯がうるさそうで、こんな明るい場所で蛍が飛ぶのかな?と不安になりながら日没に。
その不安を裏切るように午後8時過ぎからおよそ1時間、蛍の乱舞が見られました。
魚眼レンズでもこれ程写る程の数で、イメージ通りの写真が撮れ満足です。
 170602光の競演(天空の星地上の蛍)(karan)
 
光の競演(天空の星と地上の蛍)
撮影年月日時刻:2017年6月2日 20h21m〜21h21m
カメラ:オリンパスOMD E−M5
レンズ:サムヤン7.5mm F3.5魚眼
シャッター:10秒 絞り:4.0 感度:800
ホワイトバランス:オート
kikuchi magickで357枚を比較明合成
撮影地:薩摩郡さつま町神子あび−る館前川内川左岸


▲top