鹿児島県天文協会

鹿児島県天文協会の活動連絡と報告のためのブログです。

<< July 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

2019.06.02 Sunday

高千穂峰上空の天の川

karanさん提供:
-------------------------

1週間前の事になりますが、高千穂峰と天の川を撮影に、宮崎県小林市の鹿ヶ原に出掛けて来ました。
鹿ヶ原は高千穂河原から20分程の所にあり、ミヤマキリシマの群生地として有名です。
ちょうどミヤマキリシマは満開だったのですが、シーイングが悪く天の川も肉眼でうっすら分かる程度の空だったのが残念です。
画面真ん中が御鉢で左に高千穂峰が写っています。
今回ニコンのフルサイズミラーレス一眼Z7を使用しましたが高感度特性も非常に良くレンズキットのNIKKOR Z24−70mm f4sは開放でも僅かに周辺減光が見られる程度で周辺の画質も非常にシャープなのに驚かされました。
 
 2019_05_25_高千穂峰上空の天の川_30s_f4_iso5000
高千穂峰上空の天の川(24mm)
影年月日時刻:2019年5月25日 23h43m
カメラ:ニコンZ7
レンズ:ニコンNIKKOR Z24−70mm f4s
シャッター:30秒 絞り:4 感度:5000
ホワイトバランス:自然光オート
撮影地:宮崎県小林市鹿ヶ原
 
 
魚眼レンズを使用し満開のミヤマキリシマも一緒に撮影しました。
LEDライトの当て方が強すぎました。
画面右端にさそり座、左に夏の大三角が見えています。
機会があれば来年リベンジしたいです。
 
2019_05_25_高千穂峰上空の天の川魚眼_60s_f4_iso2000 高千穂峰上空の天の川(魚眼)
影年月日時刻:2019年5月25日 23h53m
カメラ:オリンパス OM-D E-M5
レンズ:サムヤン7.5mm魚眼
シャッター:60秒 絞り:4 感度:2000
ホワイトバランス::4600K
撮影地:撮影地:宮崎県小林市鹿ヶ原


2019.05.05 Sunday

ブラックホールが「撮影」された楕円銀河M87

4月10日,ブラックホールの「写真」が発表されました。撮影されたブラックホールは,おとめ座にある楕円銀河M87の中心にある超巨大ブラックホール。楕円銀河M87は,可視光線でも中心部からのジェットが見えると言われています。

morinagaさんが,この楕円銀河M87を撮影しました。

よく見ると、右上方向にジェットが写っているように見えます。

190503M87(morinaga)

撮影データ:2019年5月3日 23時〜 80秒×25枚コンポジット

13儷折 910弌.ャノンEOSX7i 感度3200

撮影地:南さつま市吹上小野

 

ところで,日本でブラックホールの記者会見をされた国立天文台の本間教授は岩手県の水沢VERA観測所の所長さんで,鹿児島の入来VERA局にも時々来られます。今年1月,鹿児島大学で行われた講演会では「ブラックホールの『写真』を撮りたい」と語っていましたが,その頃は画像解析に追われていたのでしょう。

天の川講演会の本間教授

とても気さくな方で,本会の前田会長とも気さくに語っていました。

本間教授と前田会長

 

今後の研究成果が楽しみです。

 

 


2019.04.08 Monday

夜桜と北天日周

karanさん提供:

---------------------------

夜桜と星空を撮影に宮崎県都城市の高千穂牧場に出掛けてきました。
現場に着いた時は曇り空でしたが、夜から晴れるGPV気象予報を信じ待ちました。
日没後辺りは霧に包まれ諦めかけましたが、待つこと1時間30分霧が徐々にとれ
満天の星空が広がりました。
ちょうど高千穂峰にも帯状の雲がかかり雰囲気のある写真になりました。
 
 2019_04_05_夜桜と北天日周6Ds30f4ISO3200×48
夜桜と北天日周
撮影年月日時刻:2019年4月5日 20h49m〜21h14m
カメラ:キヤノンEOS6D
レンズ:キヤノンEF17-35mm F2.8L(17mm)
シャッター:30秒 絞り:F4 感度:3200
ホワイトバランス:白色蛍光灯
48枚をkikuchimagickにて比較明合成
撮影地:宮崎県都城市高千穂牧場


2018.09.22 Saturday

月夜の荒平天神

karanさん提供:
-------------------------
16日は、シーイングも良く雲が出ない予報でしたので、nagamasa先生と鹿屋の荒平天神に撮影に行きました。
夕陽の撮影後、月没までを撮影しました。
撮影途中画面の真ん中を飛行機が横切ったので、2枚に分けたものを添付します。
月の下に横たわるさそり座、その下には開聞岳も見えています。

 

2018_9_16_月夜の荒平天神6Ds20f4iso800×27圧縮

 

月夜の荒平天神(10分間の動き)
撮影年月日時刻:2018年9月16日 19h14mから19h24m
カメラ:キヤノンEOS6D
レンズ:キヤノンEF17−35mmF2.8L(17mmで撮影)
シャッター:20秒 絞り:4  感度:800
ホワイトバランス::4500K
27枚撮影したものをkikuchimagickにて比較明
撮影地:鹿児島県鹿屋市荒平天神
2018_9_16_月夜の荒平天神6Ds20f4iso800×555圧縮
月夜の荒平天神(3時間22分の動き)
撮影年月日時刻:2018年9月16日 19h29mから22h51m
カメラ:キヤノンEOS6D
レンズ:キヤノンEF17−35mmF2.8L(17mmで撮影)
シャッター:20秒 絞り:4  感度:800
ホワイトバランス::4500K
555枚撮影したものをkikuchimagickにて比較明
撮影地:鹿児島県鹿屋市荒平天神

2018.08.29 Wednesday

満月に照らされる桜島と北天の日周運動

karanさん提供:

-----------------------------------

8月26日にかのや夏祭りの花火大会を撮影した帰り道、垂水市海潟の高台に立ち寄り、満月に照らされる桜島と海潟漁港、
そして北天の日周運動を撮影しました。
桜島の右側稜線には、沈む間近の北斗七星があり、まるで昼間に星空が浮かんでいるような不思議な光景になりました。
翌日仕事でなければ、朝まで粘りたかったのですが、滞在1時間程で後ろ髪を引かれながら帰路に就きました。
 
 180826満月に照らされる桜島と北天日周
満月に照らされる桜島と北天の日周
撮影年月日時刻:2018年8月26日 22h20mから22h50m
カメラ:キヤノンEOS6D
レンズ:キヤノンEF17−35mmF2.8L(17mmで撮影)
シャッター:30秒 絞り:5.6 感度:400
ホワイトバランス::4500K
60枚撮影したものをkikuchimagickにて比較明
撮影地:鹿児島県垂水市海潟
 
 
 180826満月に照らされる桜島と北天日周(魚眼)
満月に照らされる桜島と北天の日周(魚眼)
撮影年月日時刻:2018年8月26日 22h20mから22h50m
カメラ:オリンパス OM-D E-M5
レンズ:サムヤン7.5mm F3.5 魚眼
シャッター:30秒 絞り:5.6 感度:400
ホワイトバランス::4600K
60枚撮影したものをkikuchimagickにて比較明
撮影地:鹿児島県垂水市海潟
 


▲top