鹿児島県天文協会

鹿児島県天文協会の活動連絡と報告のためのブログです。

<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

2018.10.11 Thursday

透明度の良い晴天 カノープスと開聞岳

morinagaさん提供:

--------------------------------

いつもは拡大撮影ばかりしていますが久しぶりに24丱譽鵐困任盪ってみました。

 

10月8日の未明に撮影。感度3200の30秒固定撮影です。

 

「沈みゆくはくちょう座〜ベガ」

沈みゆくはくちょう座s(morinaga)

 

「開聞岳とカノープス」

カノープスと開聞岳s(morinaga)


2018.03.10 Saturday

冬の大三角とカノープス

 りゅうこつ座の一等星カノープスは,南の低空にあって見えにくいのですが鹿児島では比較的よく見えます。

なるべく光害がないところで,冬の大三角とカノープスを撮影しました。

180309カノープスと冬の大三角

撮影データ: 2018年3月9日 20:19 15秒露出
       Nikon D810A 28mmF2.8 ISO3200 ソフトフィルター使用
撮影地: 南九州市川辺町


2018.02.18 Sunday

快晴に恵まれたカノープス観望会

2月17日(土),毎年恒例のカノープス観望会を南さつま市コリノ天文台で行いました。

2018.02.17 コリノ 009

夕方,西の空には月齢1の細い月がきれいに見え,期待が高まります。

180217細い月(fuchi)

透明度のいい空には,冬の星座がきれいに見えました。

2018.02.17 コリノ 014

 

ドームと冬の星座

主役のカノープスは、南の林の上に輝いていました。

180217カノープス_4494

 

コリノ天文台とカノープスを一緒に撮影

180217カノープスとコリノ天文台DSC_4497

180217冬の星座とカノープス_4501


2017.02.07 Tuesday

カノープスと口之永良部島,薩摩硫黄島

2月4・5日のカノープス観望会に参加されたmorinagaさんから,写真が届きましたので紹介します。

 

天気予報では「曇のち雨」だったのですが,雲が切れて開聞岳の上にカノープスが見えたそうです。

 

170204カノープス南中地上(morinaga)

EOS80D 感度1600 24F2,8 露出10秒 21時28分

 

夕方には,遠く薩摩硫黄島や口之永良部島も見えていたそうです。

170204硫黄島口エラブ島(morinaga)

晴れていてもこれらの島影が見えるのはとても珍しく,かなり透明度が良かったと思われます。


2016.12.17 Saturday

月夜のアケルナル

 カノープスより南に位置するエリダヌス座の一等星アケルナルは,鹿児島でも南中高度が1.5度ぐらいで,なかなか見ることができません。
満月近い月があるものの低空まできれいに晴れた夜,薩摩半島南端の枕崎市で,海の上に見えるアケルナルを見つけました。火之神公園の象徴であるローソク岩の左側,遠くには薩摩硫黄島も見えて月夜ならでの星景となりました。

 

161211アケルナル(maeda)

撮影データ 2016年12月11日 20:24 60秒露出
      NikonD810A 135mm F4.5  ISO400
撮影地 枕崎市火之神公園

 


▲top