鹿児島県天文協会

鹿児島県天文協会の活動連絡と報告のためのブログです。

<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

2017.06.10 Saturday

ストロベリームーン!

fuchigamiさん提供:
-------------------------
一昨日(6月8日),浜町で桜島方向に月があがって来るのを見て、9日の月は自宅(坂元町)付近では桜島から昇って来るのでは?と
19時過ぎに見ると19時25分、桜島の右肩に昇って来ました。
なかなか、この梅雨時の満月なんてお目にかかれませんので「昇る方向もわかんねえ〜!」と月が昇ってから、自宅上の商業高校まで登って行き撮影しました。
170609-ストロベリームーン-001(fuchi)
001:19時25分、ニコンD200、1/15秒、F5.6、105mm、ISO400、
170609-ストロベリームーン-007(fuchi)
007:19時32分、ニコンD200、1/5秒、F8.0、400mm、ISO100、
170609-ストロベリームーン-043(fuchi)
043:19時31分 ニコンD700、1/5秒、F8.0、112mm、ISO200、
170609-ストロベリームーン-058(fuchi)
058:19時39分 ニコンD700、1/4秒、F8.0、120mm、ISO200、

2017.06.10 Saturday

満月の出

 6月は梅雨の時期で,なかなかきれいな月の出を見る機会はありませんが,6月9日の満月の出は好天に恵まれました。

 今回の満月は,今年もっとも小さく見える満月。最近では大きく見える「スーパームーン」に対して「ミニマム・ムーン」と呼ぶ人もいるようです。

 また,6月の満月を「ストロベリームーン」と呼ぶこともあります。アメリカでイチゴの収穫期に見えることから呼ばれているそうですが,「ふだんより赤く見える」「ピンク色に見える」という話の真偽は分かりません。

 ちょうど太陽が沈んで間もなく東の空に昇ってくる満月を手持ちのコンパクトデジタルカメラで撮影しましたので,御紹介します。高度が低いので赤みがかっていますが,ふだんより赤く見えているわけではなさそうです。

 

170609満月の出2738b(maeda)

撮影データ 2017年6月9日 19:18  オート撮影

      キヤノンIXY  横構図の写真から縦構図にトリミング

撮影地   南九州市

 


2017.05.05 Friday

GW初日の月に現れた「月面X」

kuwaharaさん提供:

-----------------------

5月3日の夜,「月面X」を知覧平和会館駐車場にて撮影しました。
7時過ぎても数台のが残りライトが気になりながらの撮影でした。
Xを判りやすくするためトリミングしてあります

170503月面XDSC00032

撮影日時:2017年5月3日20:10
撮影場所:南九州市

170503月面X拡大(kuwahara)

 
上弦の月の欠け際に1時間前後だけ見える「月面X」。太陽の光が当たりはじめたクレーターの縁が「X(エックス)」の文字に見え,望遠鏡で楽しむ事ができます。
2017年に日本から条件のいい月面Xが見えるのは3月5日,5月3日,10月27日の3回。次は10月27日の20時半ごろということです。

 


2017.02.28 Tuesday

2月27日 火星と天王星が大接近

2月下旬、夕方の西の空では金星が最大光輝を迎え明るく輝いています。そして,金星の左上には火星が見えています。

170225金星と火星_2738(maeda)

 

2月27日,火星が天王星に接近しました。
火星の明るさは1.3等級,一方天王星は約6等級なので肉眼で分かるものではありませんが,望遠鏡では赤っぽい火星と青っぽい天王星の比較がきれいでした。最接近2日前の25日と,27日の写真を重ねて動きを比較しました。

170227火星と天王星の動き_2736(maeda)

 

 


2017.02.15 Wednesday

2月14日深夜 おとめ座の二重星ポリマの食

2月14日深夜,おとめ座の二重星ポリマが月齢17.7の月に隠される「星食」が起こりました。

鹿児島では23:27に明縁に潜入,24:33に暗縁から出現するとの予報。しかし2.7等星の恒星は月の明るさに負けてしまい,潜入の様子は分かりませんでした。

そして約1時間後,欠けて影になっている側から現れました。

 

170214おとめ座γ星食DSC_2731(maeda)

撮影データ 2017年2月14日 24:33 1/30秒

      Nikon D810A  20cmF6反射望遠鏡で直焦点撮影 ISO800  中心部をトリミング

撮影地   鹿児島市北部

 

出現の直後の様子ですが,恒星を写すために月は露出オーバーになっています。

ところで,恒星はほとんど点なので潜入・出現は一瞬なのですが,二重星は数秒の時間差で隠されたり現れたりするので,明るさが段階的に変化します。今回は約1秒で明るさが変化しました。

動画でご覧下さい。

今年は,ポリマの星食が日本で3回起こります。次回は5月7日の深夜,楽しみにしたいです。(3回目の7月28日は鹿児島では見られません。)


▲top