鹿児島県天文協会

鹿児島県天文協会の活動連絡と報告のためのブログです。

<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

2017.02.28 Tuesday

2月27日 火星と天王星が大接近

2月下旬、夕方の西の空では金星が最大光輝を迎え明るく輝いています。そして,金星の左上には火星が見えています。

170225金星と火星_2738(maeda)

 

2月27日,火星が天王星に接近しました。
火星の明るさは1.3等級,一方天王星は約6等級なので肉眼で分かるものではありませんが,望遠鏡では赤っぽい火星と青っぽい天王星の比較がきれいでした。最接近2日前の25日と,27日の写真を重ねて動きを比較しました。

170227火星と天王星の動き_2736(maeda)

 

 


2017.02.15 Wednesday

2月14日深夜 おとめ座の二重星ポリマの食

2月14日深夜,おとめ座の二重星ポリマが月齢17.7の月に隠される「星食」が起こりました。

鹿児島では23:27に明縁に潜入,24:33に暗縁から出現するとの予報。しかし2.7等星の恒星は月の明るさに負けてしまい,潜入の様子は分かりませんでした。

そして約1時間後,欠けて影になっている側から現れました。

 

170214おとめ座γ星食DSC_2731(maeda)

撮影データ 2017年2月14日 24:33 1/30秒

      Nikon D810A  20cmF6反射望遠鏡で直焦点撮影 ISO800  中心部をトリミング

撮影地   鹿児島市北部

 

出現の直後の様子ですが,恒星を写すために月は露出オーバーになっています。

ところで,恒星はほとんど点なので潜入・出現は一瞬なのですが,二重星は数秒の時間差で隠されたり現れたりするので,明るさが段階的に変化します。今回は約1秒で明るさが変化しました。

動画でご覧下さい。

今年は,ポリマの星食が日本で3回起こります。次回は5月7日の深夜,楽しみにしたいです。(3回目の7月28日は鹿児島では見られません。)


2017.01.26 Thursday

明け方の細い月と水星

ここ数日,朝は冷え込みが厳しく鹿児島でも明け方は氷点下になっています。とくによく晴れると星を見たくても寒くて外に出るのが億劫になります。

今朝は,明け方の東の空に月齢28の細い月が見えていました。そして,月の右下には水星が見えていました。慌ててカメラと三脚を取り出し,かじかむ手で撮影しました。画面下の街はまだ動きが少なく静かでした。

 

170126月と水星_2601(maeda)

撮影データ 2017年1月26日 6:37 露出1/2秒
      Nikon D810A 80mmF4 ISO200 トリミング
撮影地   南九州市川辺町


2017.01.11 Wednesday

1月9日深夜のアルデバラン食

karanさん提供
---------------------------

カメラレンズと三脚だけで,1月9日深夜のアルデバラン食を撮影してみました。
 

170109アルデバラン食潜入(karan)

アルデバラン食潜入
撮影年月日時刻:2017年1月9日 23h51m31s
カメラ:ペンタックス K−70
レンズ:HD PENTAX-DA 55-300mmF4.5-6.3 ED PLM WR RE
シャッター:1/500 絞り:11 感度:800
ホワイトバランス:マルチパターンオート
2400万画素を600万画素相当にトリミング
撮影地:鹿児島市北部
 
月面の暗縁への潜入は、見やすかったのですが、
明縁の出現は、見づらかったので、ペンタックスK−70には、
5段分のブラケット撮影が出来るので、その機能を使ったら写ってました。
実際カメラレンズ越しに眼視で確認が出来たのは、出現から5分後の事でした。
 
170109アルデバラン食出現(karan) 
アルデバラン食出現
撮影年月日時刻:2017年1月10日 01h00m08s
カメラ:ペンタックス K−70
レンズ:HD PENTAX-DA 55-300mmF4.5-6.3 ED PLM WR RE
シャッター:1/250 絞り:11 感度:800
ホワイトバランス:マルチパターンオート
2400万画素を600万画素相当にトリミング
撮影地:鹿児島市北部


2017.01.05 Thursday

1月1日夜 火星と海王星が接近

2017年1月1日の夕方,西の空はとても賑やかでした。

 

170101月・金星・火星_2509(maeda)

肉眼では月齢3の月,金星,火星が等間隔に並んで見えていました。

月は夜の部分も地球の照り返しで模様が分かるほどです。(「地球照(ちきゅうしょう)」といいます。)

170101地球照(maeda)

月のすぐ下には,本田・ムルコス・パジュサコバ彗星(45P)があるのですが,すぐ近くの月明かりで尾がはっきり見えません。

17010145P本田・ムルコス・パジュサコバ彗星_2523c(maeda)

一方,火星のすぐ近くには海王星があります。赤い火星と青っぽい海王星の色の対比がきれいでした。

170101火星と海王星の接近_2516c(maeda)

 火星と海王星は,望遠鏡の高倍率で見ても同一視野にはいるぐらい接近していましたが,両者は少しずつ離れていきました。

170101火星と海王星の接近_2516・2572c(maeda)

 目で見た感じでは海王星が火星から離れていくように見えたのですが,写真に撮ってみると地球に近い火星の方が動きが速いことが分かります。


▲top