鹿児島県天文協会

鹿児島県天文協会の活動連絡と報告のためのブログです。

<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

2019.12.08 Sunday

太陽系外からの彗星 ボリソフ彗星(2I/VORISOV)

太陽系の外から飛来した初の彗星であるボリソフ彗星(2I/VORISOV)は,今年8月にロシアのアマチュア天文家によって発見されました。太陽への最接近時は2天文単位と火星の軌道付近を通過し,地球との位置関係もいいので、世界各地で観測が行われています。

191208ボリソフ彗星の位置b

地球とボリソフ彗星の位置関係(ステラナビゲータを使用)

 

 太陽に最接近する12月8日未明、南さつま市コリノ天文台の40冏深曜庄鷆世濃1討膨戦しました。最接近時でも15等級と非常に暗く淡いので、注意深く位置を確認し長時間露光すると、淡い光のしみのような姿が写りました。さらに時間をかけて撮影を繰り返すと、南に移動していることが分かりました。非常に淡いながら画面の右上方向に尾が伸びているようすも分かります。

 

 写真1: 画面中央に淡く写っているのがボリソフ彗星

191208ボリソフ彗星_8079(文字入り)

撮影データ: 2019年12月8日 5:32  3分露出

       Nikon D810A ISO6400 

       南さつま市コリノ天文台 40僖轡絅潺奪肇セグレン直焦点(F10)

 

写真2: ボリソフ彗星の動き

191208ボリソフ彗星_8076-7(文字入り)

 

 12月8日、ボリソフ彗星は明け方の東の空、コップ座の方角に見えていました。月が沈んだころに昇ってきたので、暗い空で撮影することができました。

 


2019.02.10 Sunday

岩本彗星

morinagaさん提供:

-----------------------------

昨夜の指宿も七時頃から十二時頃まで晴れて観察会は大成功でした。

岩本彗星の撮影チャンスは少ないですが今が最接近の頃です。

280于莖僂90秒露出単画像です。

 

岩本彗星20190209s


2019.01.04 Friday

2019年1月3日のウィルタネン彗星

morinagaさん提供:

-------------------------------

今年初撮影になる昨夜撮影した写真です。

 

46P190103S(morinaga)

ビクセンアトラクス赤道儀 ノータッチ撮影

13儷折 F4レデューサ使用 550弌ヾ凝截械横娃亜

 

2019年1月3日 22時03分〜

110秒×20枚のステライメージにメトカーフコンポジット処理

 

天気快晴・微風で乾燥した空気。気温が3度で撮影には適した気候でした。

 

尾が僅かに見えます。高度は5〜6等 いつもの観測地点(千貫平地点)で肉眼でもなんとか見える明るさでした。

 


2018.11.19 Monday

11月18日早朝のマックホルツ・藤川・岩本彗星

11月18日(日)早朝の新彗星マックホルツ・藤川・岩本彗星です。

 

morinagaさん提供:

---------------------------------------

 

彗星撮影後の金星と朝焼けが綺麗でした。

前回投稿した彗星の名前を間違っていました。

 

マックホルツ・藤川・岩本彗星を910f7で80秒×15枚のステライメージの自動メトカーフコンポジット処理しました。僅かに尾が写りました。
 

1117S

 

金星とスピカとアルクトゥールス」24丱譽鵐

金星とスピカS


2018.11.17 Saturday

新彗星 マックホルツ−藤川−岩本彗星(C/2018 V1)

11月8日未明、香川県の藤川さんと徳島県の岩本さんが独立発見した彗星は、マックホルツ−藤川−岩本彗星(C/2018 V1)と名付けられました。この彗星は、11月20日ごろまでは明け方の東の低空に見え、7等台まで明るくなる見込みで、その後は夕方の西の低空に姿を見せるようにとみられます。

 

morinagaさん提供:

----------------------------------

こんばんは。昨夜は平日でしたが土日の天気がよくないのいつもの場所に撮影に出かけました。

13儷折F4 550弌。隠鰻遑稿未明4時35分〜47分 40秒×12枚 

ステライメージによる 自動メトカーフコンポジットで初めて処理しました。

 

マックノート・藤川・岩本彗星1109


▲top